音がつぶれる言語・つぶれない言語 ~他言語生活 multi-lingual life~

2015年7月1日 | からnakmas | ファイル: 言語 lunguage.
数年前に買っておいた「ダイソー CDで学ぶ会話シリーズ」。
今頃になってだが、この2週間くらいほぼ毎日MP3にした音源を聞き回している。
外国語学習の基本は英語で、
これは大学院に行けるレベル、仕事で使えるレベルを目指しているので、
とにかく完璧にしないといけない。
しかしながら、外国語と言えば英語だけではあるまい、という思いがどうにもなくならず、
人とのコンタクトはもちろん、音楽や書籍を理解できる幅を広げられるだけ広げたいので、
とりあえず赤ちゃんのように聞くところから、発音と言葉の流れに慣れるところから始めた。
聞き取りやすい言語と、聞き取りにくい言語がある。
個人的な感覚だけかもしれないが、
単語同士の発音が”つぶれにくい言語”と”つぶれやすい言語”あるようだ。
つぶれにくい言語:ロシア語・イタリア語・ドイツ語
つぶれやすい言語:英語・フランス語・日本語
あくまで絶対量が少ない中での経験則。
(CD1枚聞いているところで、言語を知った顔をしてたら、それこそ失礼)

Effortless English: Learn To Speak English Like A Native (English Edition)

この本の興味深い指摘の1つに、
「英語を学ぶために、英語の音楽を聴くことは役に立たない。」というのがある。
Will listening to music improve my english?
I can’t understand half the words the singer is saying. 
… Even native speakers often don’t know what the singer is trying to say.
よくぞ英語ってこんなハンディキャップがありながら、
これだけ使われているようになっているものだ。
一方で、大学時代のロシア人教師から、すごいと思ったのは、
オペラになっていて、”魂”と呼べるようなプーシキンの詩をすべて覚えていて、
オペラを映像で流しながら、そのセリフに沿ってダーッと暗誦していた。
ロシア語って、ぼそぼそ言っている部分もあるけど、
基本的には、一音一音が立っていて、ネイティブには全部聞き取れる様子だった。
いずれにしても、とりあえず慣れること。
そして、その武器で他人を理解すること、自分を表現できること。
<参考>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です