居眠りの正しい姿勢

2015年6月30日 | からnakmas | ファイル: 人 life.
腕を枕に机にうつ伏すのは間違い。
居眠り中は問題ないけど、目が覚めた後しばらく、しかも結構長く目がうまく見えず、ぼーっとしてしまう。
何か作業や勉強の合間の寝落ちが多いので、すぐに再開できないのはきつい。
眼球を抑えつけてしまうのがまずい。

首を横にひねればいいかもしれないけど、

寝違いやすかったり、肩こりが激しい人には結構つらいような。

最近”あみだした”方法は、
両手で頬杖つくように顎を支える、というもの。
上体を楽にするために、リクライニングする背もたれのある椅子があればよりよい。

事務所の自席が今のところ、最もよい居眠りスポットだけど、
昼休みといえども、居眠りのできる職場なんてそんなに多くないですか??

<参考>
◎やっぱり病気、というか身体的な問題が居眠りにはあるのかな?
(残念ながら「ナルコレプシー」への理解は遅れているの項目以外文字化け)

ナルコレプシー(居眠り病)はこんな病気


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です