音楽の中の日常と機微と真理

2015年2月6日 | からnakmas | ファイル: 未分類.

櫻井さんは、普段の生活の一部を切り取るのが本当にうまい。
この曲の中の日常は、サラリーマンがビルの谷間で感じる風。

しかも、そういう曲の中の日常が
、人の心の深い所だったり、世の中の真理と結びついている。

この曲はデビュー前に作ったといっていたけど、CD化はされてないのかな?
彼には世に出してない、素晴らしい曲がまだまだあるんだろう。

それから山本たくおさんの音を聞くと、SAXが人の声に一番近い楽器と言われるのを実感する。人間臭いというか、人の気持ちの微妙なところを表現できるというか。
かといって、誰でもあんな演奏ができるワケではなく、彼だからこそできるんだけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です