山本一力『峠越え』

2009年12月12日 | からnakmas | ファイル: 未分類.


峠越え

主人公の最初の生業が、丁半博打の壺振りと、女衒つまり売春斡旋業?の話なので、
とても家の蔵書として、子どもに読ませたい1冊にはなりませんが。

でも、仕事って、世の中の流れに乗ってしまうというか、食べていくには仕方がないというところから、
決まってしまうことってやっぱりある。
全ての人が、自分のやりたい仕事をして、生計を立てれるなんてことは、絶対にないから!

そんな自分ではやりたくない仕事をやっている、いわば最低な状態から抜け出すために、
いい人たち(てきやの親分やら一筋縄ではいかないけど)との巡り合いの中で一生懸命に生きていこう!
という話。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です