みそ汁に見る日本人の予防意識

2020年5月3日 | からnakmas | ファイル: 食/Food.
幕内さんという、何とも縁起のよさそうなお名前の著者。
『1食100円、「病気にならない」食事』で、1日2食分は1人1食当たり100円のコストで、

十分に健康を維持できる食事を提案してくれている。30日間の献立を写真つきで、この上なく親切な本だと思う。
正直ちょっと1食ずつの量は少なめかもと思いながら、
シンプルでしかも効果を得られそうな献立ばかり。

その基本はご飯とみそ汁!それにお惣菜を組み合わせていく。
しかもそのお惣菜は、全て手作りしましょう!みたいな肩ひじ張った、
強権的なものではなく、
缶詰など手軽に、手抜きできるものも組み合わされている。
みそ汁と言えば、だいぶ前に読んだ『はなちゃんのみそ汁』で、
余命宣告をされた母親が、当時4,5才の娘に、みそ汁を一人で作れるように教えてから、この世の生涯を閉じたと読んだ記憶がある。

そのみそ汁は、自分の延命というか、
少しでも回復させて家族との時間を充実させるため、
それから、自分がいなくなった後でも、娘が自分で生きていけるように。
コロナウィルスがまだまだ気の抜けない中、
免疫の獲得状況を調べる動きが始まっている。
というか、経済を完全に死なせないためには、その動きをするしかない。


日本人は予防の考えに乏しいと言われる。
(歯を大切にしないから、虫歯になってから歯医者に行く。
病気になっても、健康保険があってそこまで医療費がかからないから、
すぐに病院に行きがち)

ただ、予防の考え方がまったくないわけではなくて、
日本食の中に見える、無意識の予防はすばらしい。
ここに気を使いすぎて、他には意識が行かないのか??


タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です