車での移動で気付いたこと

2016年11月12日 | からnakmas | ファイル: 未分類.
人生初!月曜の朝と金曜の夜以外、すべての移動が車だった。
それで気づいたことのいくつか。
・Volvo とホンダFitのテールランプが近鉄バッファローズに見える。
または、子どもが大好きなこまさん・こまじろうのツノみたいなヤツに似ている。
(※写真はすべてネット上のもので、運転しながら撮ったものではないので、あしからず)

・なんだか、多摩地区が自分にとってホームになっていると感じる。かれこれ20年くらい住んでいるからか。 
距離感とか時間感覚が無理なくはっきりわかって、(前に行ったことがある場所ばかりだったのはあるけど)カーナビに頼らずに動ける!
・タイヤは10cmくらいの段差でも、直角かそれに近い角度で乗り越えるのが難しい。
『ゾウの時間とネズミの時間』にたしか書いてあったけど、自然界で車輪の形が発達しなかった理由は、障害物を乗り越えるのが苦手なこと。なので、車が活躍するためには、比較的平らに整備された道がインフラとして必要、と。
実に雑多な感想でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です