子どもに将来の夢を与える仕事 a occupation to give a future dream to children

2016年2月24日 | からnakmas | ファイル: 未分類.
『UEFA.com』が、中村俊輔とのエピソードを伝えている。それはティアニーが当時10歳だった2006年、トップチームで攻撃を牽引していた中村俊輔は2006年FIFAワールドカップのプロモーションビデオの撮影中、ユースチームに所属していたティアニーに感心し、自身のスパイクをプレゼント。スーパースターからスパイクをもらった10歳の少年は、その後もセルティックで数多くの栄光を手にした中村に憧れを抱き、8年後トップチームで活躍を続けるまで成長を続けた。2016年シーズンも横浜F・マリノスで活躍が期待される中村だが、いまだにセルティックにも影響を残していることが分かった。これからも成長を続けるティアニーに注目だ。

中村俊輔がスコットランドにいたのはもう10年も前のこと。
そうなると、その時子どもだったけど、今や立派な大人というか、選手になっていてもおかしくない。

About 10 years after, then someone was a boy, but naturally he/she gets a adult, or a professional player even now.
“Nakamura” is also my last name.
He is the most famous “Nakamura” in Scotland.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です