高度成長期の音楽はつまらない!?

2015年2月11日 | からnakmas | ファイル: 未分類.

このアルバムを見つけての感想は2つ。

1つめは、すごい中古でも価値が下がってない!
このベスト盤のリリースも2011年。
2年くらい経って、現役なら新しいアルバムが出れば、
3000円⇒100円くらいになるこのご時世なのに。

2つめは、試聴を全部流したワケではないけど、
「イメージの歌」以外は、うーん聞くのがつらくなるくらいに、
とにかく軽い。
楽器や演奏機材、それから録音機材の質の問題もあるし、
社会から要請される、もっとこなれた言い方をすれば、
「売れる」と判断する、演奏家とエンジニアの考え方がこうだったということか。

尾崎豊を聞いても同じことを考える。
最近ではスターダストレビューでも同じように感じた。
拓郎さんも要さんもまだ元気で、
たまにイベントやらTV番組に出て、今の演奏で聞くことができる。
オリジナルよりはるかに音の作りがしっかりしていて、
彼らの声と合う(と私が感じる)曲調が、今の時代だからこそできている。

尾崎は死ぬのが早すぎた。
今生きていたら、その音楽はもっといいものになっていたと思わざるを得ない。

次の2枚のプレミアはすごい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です