心地いいところにいるだけでは。。。

2014年3月6日 | からnakmas | ファイル: 未分類.
(本田圭介談)Q:本来のポジションで、ほぼ90分プレーして改めて感じたことは?「僕はトップ下のDNAを持っているので、それはもう、自然とトップ下は自分の家みたいな感じがする。心地いいわけだけど、それはまたちょっと別次元の話にはなるかなと思っている。まあ、でもそういう違う環境で、そもそも違う国でやっているわけだから、いろんな問題がある。心地いいだけだったら動かない方がいいわけで、心地悪さをいかにポジティブに捉えるかだと思っている」

アンジェラ・アキが29日、オフィシャルサイトを通じ、2014年秋からアメリカの音楽大学に留学し、日本での音楽活動を無期限停止することを発表した。・・・・・
アンジェラは「いつも応援してくださるみなさんへ」と題し、決断に至る経緯をつづった。「18歳で入学したワシントンDCの大学では国際政治を勉強しましたが、音楽大学で専門教育をうけるのは、実はこれがはじめてになります」とした上で、「現在とりかかっているブロードウェイ・ミュージカルプロジェクトを成功させるためにも、更なる夢を叶えるためにも、大きな決断をする必要がありました」と説明。

心地悪い環境に挑戦できることも特権と考えるべき。
日本の社会では30代も後半になってきたり、
所帯を持ったりしてしまうと、単純に社会的な選択肢は狭まり、
技術や実績なしで、気持ちだけでは挑戦すらさせてもらえないから。

その状況に抗うには、相当なエネルギーと決意と、要領のよさも含めた努力が必要。

抗ってます。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です