what a beautiful morning!

2013年6月4日 | からnakmas | ファイル: 未分類.
When I was a student at Brigham Young University, I lived in a house with several young men. My roommate, Bruce, was the most optimistic person I have ever known. We never once heard him say anything negative about any person or any circumstance, and it was impossible not to feel buoyed up in his presence. His good cheer flowed from an abiding trust in the Savior and in His gospel.
One cold, wintry day, another friend of mine, Tom, was walking across the university campus. It was only 7:00 in the morning, and the campus was deserted and dark. Heavy snow was falling, with a brisk wind. “What miserable weather,” Tom thought. He walked farther, and out in the darkness and snow, he heard someone singing.
Sure enough, through the driving snow came our ever-optimistic friend, Bruce. With his arms outstretched to the sky, he was singing a number from the Broadway musical Oklahoma: “Oh, what a beautiful morning! Oh, what a beautiful day! I’ve got a beautiful feeling, everything’s going my way” (see Richard Rodgers and Oscar Hammerstein II, “Oh, What a Beautiful Mornin’” [1943]).
(2013 APR Beautiful Mornings

By Elder Bruce D. Porter
Of the Seventy)

わたしはブリガム・ヤング大学の学生だったとき,何人かの若い青年とともに一軒の家に住んでいました。ルームメートだったブルース以上の楽天家を,わたしは知りません。だれに対しても,どのような状況にあっても,否定的な言葉を彼から聞いたことがありませんでした。彼がいると必ず励ましを受けました。その元気は救い主と,主の福音の真理に対する信頼から生まれたものでした。
ある冬の寒い日,もう一人の友人であるトムが大学の構内を歩いていました。朝の7時で,構内には人けがなく,真っ暗でした。激しく雪が降り,その上冷たい風が吹きつけていました。「何とひどい天気だろう」とトムは思いました。暗闇と雪の中をさらに歩いて行くと,だれかの歌声が聞こえました。
想像したとおりに,ひどい吹雪の中から永遠の楽天家ブルースの姿が見えました。両手を空に向かって広げ,ブロードウェイ・ミュージカルの「オクラホマ」を歌っていました。「ああ,何て美しい朝なんだ ああ,何て素晴らしい日なんだろう 気分はすこぶる爽快だ 全てが僕の思いのままさ」(リチャード・ロジャーズとオスカー・ハマーステイン・2世,「美しい朝」〔1943年〕。
(2013年4月 美しい朝

ブルース・D・ポーター長老
七十人)

Here is the Broadway musical number which is introduced in that discource. Check it out!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です