装丁のよしあし

2013年3月20日 | からnakmas | ファイル: 未分類.
山本一力 いかずち切り

この本の読み応えもさることながら、
装丁のよしあしが気になってしょうがない。

文庫本はこちら

いやー違うだろと思ってしまった。
単行本の時のインパクトはすごかった。
中身を読み始めてさらに納得というでき。

そのままの装丁でいってくれたよかったのにと思わずにいられない。
そのままでは何か著作権なんかの障りがあるのかしら。

電子書籍が広がっていったときに、
紙の書籍が存在意義を発揮するとしたら、
その一つは装丁の美しさだろうと言う人がいた。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です