人を描く

2011年12月10日 | からnakmas | ファイル: 本 book.
【送料無料】龍馬奔る(少年篇)

【送料無料】龍馬奔る(少年篇)
価格:1,680円(税込、送料別)

 「たっすいより、いちびりがええきに」  なにを言っても張り合いのないこどもよりは、お調子者でも威勢のいい子のほうがはるかにいい(66頁)

ちゃんと覚えている情報ではないけど、 司馬遼太郎『龍馬がいく』よりも、 龍馬と慎太郎が、それぞれ1人の少年として何をして、どうやって育っていったかが、 一力さんの職人を描くやわらかいタッチで丁寧に書かれている印象。 歴史の流れというよりも、1人の人となりを描き出そうとしているのかなと。 続きが楽しみだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です