ジョン 万次郎を知ること

2011-08-24 | からnakmas | ファイル: 本 book.

ジョン・マン 波濤編

アメリカの港町で働く人たちの会話が、若干江戸の町人口調なのには、ちょっと面食らった。
一力さん、ぶれないなと思って。

この波濤編は、万次郎たちが、漂着した鳥島で、アメリカの捕鯨船に見つけられるところまで。
書下ろしということなので、続編はやっぱり単行本を待つのみ。

司馬さんの本で、万次郎はバイリンガルだった。アメリカ英語と土佐の浜言葉の。。。
というような記述があったはず。この人が目にした世界に触れることは、日本人として大切だろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です