景気回復はお金の流れを作ること

2011年5月13日 | からnakmas | ファイル: 本 book.
『おたふく』から
「限られた分限者が散財を繰り返しても、それでも景気を持ち直したことにはならぬ」
普通に暮らしを営む庶民が明日を憂うことなく今日のカネを遣ってこそ、初めて景気は上向いてきたと言える。
「たとえ一食が三十文限りであろうとも、一日一万食の弁当を商うことができれば、それは日に三十万文、小判で七十五両の商いとなる…
もしも一日一万食の弁当商いが毎日続くことになれば、それだけの数の者が金遣いを惜しんではならぬという強きあかしとなる」(462−463頁)
この物語の主人公が思い付いた商いの着想がいろんな人との関わりで大きくなり、最期は町奉行、地元の行政長官にまで景気対策として取り上げられる。このくらいの、社会の閉塞感打開策を打ってみたいものだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です