いい加減さのツケを払うのはだれか?

2011年5月10日 | からnakmas | ファイル: 本 book.
今回も山本一力『おたふく』から。

金儲けを先に考える者は、食い物商売に手を出してはいけない。そんな手合いは、一文でも多くの儲けを出すためなら、かならずいい加減な仕事を始める。
「ほかのどんな生業でも、いい加減な仕事をされたツケは客が払うことになる」
・・・・・
「食い物商売でいい加減な仕事をされたら、客は迷惑をこうむるだけじゃあ済まねえ。生き死にの瀬戸際に追い込まれてしまうんだ」
安心して口に入れることができて、ほどよい値で売られ、しかもその品が美味い時、初めて大きな儲けを生み出してくれる。
・・・・・
儲けることを先に考えて食い物商売を始めたら、客はその了見を見抜く。
見抜いたら買わなくなる。
売れなくなると、儲けを出すためにさらに手抜きを始める。
手抜きのツケは、なにも知らずに買った客が身体で払うことになる。(243~244頁)

実際にユッケで亡くなっている人がいるしね。

食だけなく、仕事でやっている以上儲けは出さないと、仕事として続けられない。
効率をあげようとする。
でも、それが手抜きとなってしまうと、
そのツケは最終的にそれを手にする人に回ってくる。

どんな形にしろ社会の一部にでもかかわってるなら、
この考えは持たないといけないし、持ち続けないといけないね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です