いかに「平和」だったか

2011年3月16日 | からnakmas | ファイル: 風景 landscape.
現在の駅は、ちょっと暗め。あくまで、地震の前と比べて。エスカレーターが止まってるところも多い。
計画停電によって、消費電力を減らしているんだろうが。今使ってない電力ってもともともと使う必要がないんじゃない?
もちろん安全のためなんかで、必要な明かりまで削ることはない。戦争も大きな災害もなく、経済的な安定を享受してきた数十年間は、日本は、というか、首都圏は「平和」だった。ボケるくらい。決して百年も続くものではないし、困難や生き死にがとても近くに存在になる事態。
先々どうなるかわからないけど、出来事を日常・現実としてとらえてできることをやっていくしかない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です