サバイバルにはほど遠いけど

2011年2月6日 | からnakmas | ファイル: 人 life.

土曜のこと。
午前はアウトドア用品の店に向かい、
たき火台とアルミニウム製のダッチオーブンを手に入れた。

それを持って帰ってきて、ちょうどお昼頃。
早速、そのたき火台で炭を熾し、手に入れたばかりのダッチオーブンでシチューを作った。
やっぱり伝熱性がいいみたいで、炭が熾き始めると、たちまちできあがってしまった。
初めてのことで戸惑いながらも。

それからテントを張り、
その中でトランプで遊び、
お菓子を食べ、午後2時くらいに一通りの予定終了。

なぜこんなデイキャンプを真冬の2月にやったというと、
地震など災害時に備えたシミュレーションの一環。
水道の水は使ったし、途中家のトイレは使ったけど、
仮に家の敷地は無事だった場合、避難施設よりも、
自分の家の庭でテント張って、生活できたらいいなという希望もあり、
去年からアウトドアの師匠に教えてもらいながら、道具を揃えたりしてきて、
ひとつの行動の形として、庭でキャンプしてみた。

炭を熾しておけば、暖をとれるし、
テントの中も3人の熱で予想以上に快適な、そしてくつろげる時間でした。
これではとても過酷な生き残り作戦とは言えないけど、
うちの家族としては、確かな一歩を踏み出しました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です