「心理的な孤独」

2010年12月28日 | からnakmas | ファイル: 人 life.

この写真、かなり衝撃的。

「年末年始恐怖症」強烈な孤独感から自殺する人も (夕刊フジ)
 Nさん(30)は年末年始が怖い。毎年、強烈な孤独感にさいなまれる。周囲が帰省だ初詣でだと浮かれる中、彼のように孤独に耐える人は意外に多い。耐えきれずに自殺する人も少なからずいるという。

 独身で恋人もいない。彼が子供の頃に両親は離婚し、それぞれ再婚していることもあって、どちらの実家にも帰りづらい。結果としてNさんは、毎年正月休みになると、自宅のワンルームマンションで過ごすことになる。

 普段は仲のいい友人や同僚も、この時期は彼の相手などしてくれない。正月休みの1週間、彼は完全な孤独状態だ。

 ・・・・・

 横浜相原病院院長で精神科医の吉田勝明医師が解説する。

 「実際問題として、年末年始にNさんのような状況から自殺に走る人は多い。原因として強い孤独感があるのは事実だが、その背景には新しい年への“気持ちのリセット”がうまくできないという問題がある」

 特に日本の正月には他の月初めと異なり、身の回りのあらゆることをリセットするという意味合いがある。Nさんのような人は、これがうまくできないのだ。

・・・・・

  「普段は会社のために頑張っているんだから、年末年始くらいは自分のために自由に過ごせばいい。今しなければならない仕事はないんだから、こんな時こそ自由に時間を使ってほしい」と吉田医師。

 1週間後には嫌でも会社が始まる。そこにはストレスも待っている。それまでのほんのひととき、心安らかに、自分のために過ごしましょう。よいお年を-。(長田昭二)[ 2010年12月28日17時00分 ]

こういう記事を読むと、「人が一人でいるのはよくない」という旧約聖書の言葉を思い出す。

結婚する、家族を持つ、友達を作る、こういうことをするのは、
つまるところ、人は1人では生きられない、だから孤独を感じないため。

ただ孤独を感じないために、何も考えず、何も行動せず、ただ待っているだけでは、叶えられない。
努力やら工夫やら問題解決やら、そういうものが必要になる。しかも間断なく。
そこを見落とすと、人といつも一緒なのに孤独を感じるようになってしまう。

だめだ、否定的な方からしか考えられてない。私にもリセットが必要。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です