やっぱり”第九”を歌いたくなる

2010年12月10日 | からnakmas | ファイル: 音楽 music.

年末で仕事がバタバタの中、やるべきことを詰めるだけ詰めて、
同僚やお客さんの協力ももらいながら、
今日はうちの子の幼稚園の行事のために有給を取らせてもらって、
クリスマス音楽会へ。

うちの子の出番は御多分に漏れずビデオ撮影に集中。。。
そんな中でも、歌の途中で手振りを入れたりする見せ方の工夫に関心したり、
なかなかいい選曲だなと勉強になったり。

で、毎年恒例らしい年長さんとその親御さんの合唱、
「歓喜の歌」、いわずもがなベートーベン 交響曲第9番 合唱付き 第4楽章からの抜粋。

こういうの聞くと音楽やりたくなる。
今の主戦場は教会の聖歌隊なので、
うちでもあれできないかな。。。
市民合唱団に参加してしまおうか。。。などと思いは広がるばかり。
帰りに目についた「西本智実さんと歌う第九」のチラシを物色。

いや、今は来週に迫ってる教会のクリスマス行事に集中、集中。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です