超絶技巧の中に垣間見る母性

2010年11月9日 | からnakmas | ファイル: 音楽 music.
上原ひろみ time control

この中のほとんどの曲は、一言でいえば前衛的というか、超絶技巧。
free jazzまではいかないけど、
かなり複雑な4つの楽器の絡み合い。
ギターが入ることでかなり幅が広がっているんじゃないか。

そんな中で、4番目「deep into the night」。
ここに女性的、もっといえば母性の側面が出てきているような。
童謡のような、子守唄のような雰囲気を漂わせる。
即興の流れの中でも、この雰囲気。

上原ひろみというjazz pianistは、
いろんな人に呼ばれて(?)、jazzだけでなくいろんなところに顔を出してる。
幅が広い!

↓このアルバムの1曲目がちょこっと出てくる。後半のI got rhythmはすげぇ~。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です