天下の益

2010年10月15日 | からnakmas | ファイル: 本 book.
 ・・・・・松右衛門旦那はかねがね「人として天下の益ならん事は計らず、碌々(ろくろく)として一生を過ごさんは禽獣にもおとるべし」と口癖のようにいってきた。ただし、かれのいう天下とは、公共ということであり、さらにかれのいう「益ならん事」とは、工夫と発明のことをさしている。
『菜の花の沖』<四>207頁

公益の反対は私益。
私益、つまり自分のことばかり考える人生は、きっとつまらなくなるだろう。
それこそ碌な死に方しないだろう。

自分の身の回りと足元をしっかりしつつ、
自分以外の人のために1つでも多くのことができたらいいな。
具体的に、必要とされることを。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です