小さな事の積み重ね

2010年8月30日 | からnakmas | ファイル: 本 book.
「そうです。大事というのは小事のつみかさねの上にあるのです。小事をおろそかにすれば、かならず大事に泣きます。人がみすごしたりあなどったりするささいなことに、しっかり対処してゆく者が、けっきょく成功するのです。」(宮城谷昌光『大公望』中 58頁)
太公望〈中〉 (文春文庫)

 【中古】afb 文庫 太公望 中【10P27aug10】

 【中古】afb 文庫 太公望 中【10P27aug10】

価格:120円(税込、送料別)

人の考え方・行動のために、1つの大事な原則。
大きな目標があれば、たいていそれは一足飛びには達成できない。
達成に至るまでに、年・月・日に目標を小さくしていって1つずつやっていく。

または、生活に必要なことって、毎日の積み重ね、怠ることなく1日1日やっていくべきことが多い。
社会人としての仕事も、主婦や母親としての仕事も、子どもたちの勉強も。

記録を保存するのはわたしが愚かだからであると、あなたは思うかもしれない。しかし見よ、わたしはあなたに言う。小さな、簡単なことによって大いなることが成し遂げられるのである。・・・・・
 主なる神は偉大な永遠の目的を達するために、様々な手段によって事を行われる。また、ごく小さな手段によって、・・・・・多くの人を救われる
。」(モルモン書 アルマ書37章6~7節)
“Now ye may suppose that this is foolishness in me; but behold I say unto you, that by small and simple things are great things brought to pass; …..
And the Lord God doth work by means to bring about his great and eternal purposes; and by very small means the Lord ….. bringeth about the salvation of many souls.”
(The Book of Mormon, THE BOOK OF ALMA 37:6-7)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です