出版業界

2010年1月25日 | からnakmas | ファイル: .

┏━━トップニュース━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

◆09年の書籍・雑誌販売2兆円割れ 21年ぶり、ヒット作乏しく

  出版科学研究所(東京・新宿)が25日発表した2009年の
書籍・雑誌の推定販売額は前の年比で4.1%減の1兆9356億円
だった。2兆円を下回ったのは1988年以来、21年ぶり。
書籍はヒット作が乏しく、雑誌は広告減少の打撃を受け部数の
落ち込みが過去最大となった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
2010-01-25 Evening N I K K E I -g o o

個人的には、大ヒット作って、本だろうと、映画だろうと、
すぐに飛びつく気になれず、どちらかというと、
眉に唾つけて、ちょっと間おいて。

個々の作家や出版社が、それぞれ支持されて、
商売としてなりたっていれば、それでよしとすべき。
商売なんだから、売り上げが伸びて、儲けが大きくなるに
越したことはないけど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です