海の都の物語、なんとか読了

2010年1月20日 | からnakmas | ファイル: .

べつにぃ~、という話題だけど、
個人的にはとても達成感に満たされている。
塩野七生さんの『海の都の物語』文庫で全6巻、読み終わった。

この本が世に出たのは、かれこれ30年弱前の昭和56年。
今読んで、世の中の動き、つまりは人の性質・動きを実にうまく捕らえているな。
真理を語っている。

特に「持たない」国、日本にとって、手本にも反面教師にもなる国の有様。
それを日本人である塩野さんが教え導いてくれているような。

去年この形の文庫で出してもらえたことに、とても感謝している。


海の都の物語〈6〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)

この表紙、カナレットの絵もいいよね。
家の壁に飾れないかなと本気で考えている。
ヴェネツィアの魂をいつも思い出すために。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です