山本一力『だいこん』

2010年1月7日 | からnakmas | ファイル: .

まだ途中だけど、全600ページのうち、
1日半で半分くらい読めてしまった。

流れとしては、江戸に暮らす、夫婦に3人の娘という、かなりありふれた一家族の日常。
でも、この日常の中に起こる、ちょっとした(でもないか?)つらい出来事やら、
ふんと気張って乗り越えている姿やら、
大変な中で得られた小さな喜びやら。

でもこれがおもしろい。
タイムマシンでタイムスリップしたなんて大それたことでなく、
その町内に入り込んで、住み着いてしまったような感覚で読んでいる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です