今年いちばんの買い物

2009-12-31 | からnakmas | ファイル: .


フランクリン プランナー

ここ2年はもっと小さい、長細いものを使ってたんだけど、
今年から発売されたのか、1日ごとのページがある手帳を発見!
今までこのタイプはバインダ型しかなかったと思うんだけど、
外出先で書いたりすることが多いからか、バインダのリングがちょっと邪魔で。
なので、綴じてあるタイプが出てとてもうれしい。

フランクリンプランナーの考え方として、おもしろいのは、
自分のことを”第四世代”手帳と言っているところ。

■第1世代 メモやチェックリストを特徴としています。 時間やエネルギーに対する様々な要求を認識し、それを整理しておくことを狙いとしています。
■第2世代 カレンダーや予定を書き入れる手帳に代表されます。 先を見据えて、将来の様々な出来事や活動をスケジュール化しようとする狙いがあります。
■第3世代 前の2つの世代に、優先順位付け、目標の設定などを加えたものです。 長期・中期・短期の目標を設定し、時間とエネルギーをその目標の達成に集中させる手法です。 中心的なツールは、1日単位の計画表になります。
■第4世代 物や時間に集中するのではなく、大切な人間関係や生活の役割、そして人生の最終段階を見据えた生きている目的を達成することに焦点を合わせる手法です。

手帳を持つ目的を、スケジュールの管理だけでなく、
どちらかというともっと積極的に、自分はこうなりたいからこの時間にこれをする、
逆に目標に関係のないことはスケジュールから排除していく、という、
自分をつくっていく要素が入っているところが気に入っている。


TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究


7つの習慣―成功には原則があった!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です