結果に引っ張られる評価

2009年9月18日 | からnakmas | ファイル: 時事 news.

今日出てきた2つの対照的な記事。

ひとつは松井秀喜さんについて

もうひとつは、サッカーチーム ヴェルディについて

最初のは、つい少し前まで「もういらない」と言われて、
この先はないと思われていた人のこと。
その後、結果を見せ付けて、
「やっぱり彼は必要」と周りの評価を180℃変えさせた。

後のは、ある意味正反対で、
過去の輝かしい栄光があったのに、
現状を見られて、最低基準を示されて、
そこを超えられなければ、さらに下部へ落とされそうになっている。

一時の評価に一喜一憂するのは、できるだけ避けたいし、
そこに至る過程をちゃんと見てあげないといけないことも多い。

でも、やっぱり結果ってわかりやすい。
だから、印象に残りやすいし、
判断を下そうとする時、いちばん重い材料になるのは仕方ない。

逆にいうと、周りに認めさせたかったら、
分かりやすい形の結果を見せてあげたら、
それまで渦巻いていた反対も姿を消すし、
むしろ助けてくれる側に立ってくれるようになる。
これはれっきとした現実なんだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です