nicu

2009年5月9日 | からnakmas | ファイル: 生きるリスク.

今日のTBS報道特集NEXTで、nicu(新生児特定集中治療室)のベッド数の少なさをやっていた。
まだHPでは内容が見れないんだけど。

集中治療室まではいかなかったが、うちの子も保育器のお世話になったこともあって、
人ひとりが生まれるには、母にも子にもリスクがある、つまりすんなりいくもの、安全なものではない、
ということを思い知った。

その中で、すごい難病をもって生まれてきて、199日間を生き抜いたひとりの子と、
その両親のドキュメントがあった。
その両親は、もう治療できないと医師からの宣告があった後、
「あなたが生きれるだけ、生きたいだけ生きればいいんだよ」と無念さを抱えながら、
横になったまま身動きすらしない我が子に話しかけていた。

生きるリスク・長生きするリスクは必ずある、ということを頭の片隅にあっても置いておかないと。

久々に共感できる報道だった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です