子どもの言語の覚え方

2009年2月10日 | からnakmas | ファイル:  子ども, 言語.

子どもの言語の発達をそばで見ていると、
関心するしかない。

もともとがカラカラのスポンジみたいだから、
とりあえず近くに来たものを吸い上げようとする。
でも、あまり許容量がないもんだから、
すぐに外に出そうともする。

でも、スポンジと違うところは、
自分で使ったり、インパクトがあることは、
ちゃんと残って、全然別の機会にすっと使えるようになる。

土曜にTVを見ていて、
タマホームのCMをやっていた。
最後のカットで、みのさんが「行こうよ!」と決めセリフ。
すると、うちの子がボソッと「行かないっ」。。。。。

実にいい言語的な反射神経だな、と関心してしまった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です