童門冬二 『小説上杉鷹山』 下

2008年10月21日 | からnakmas | ファイル: .


とりあえず”下”から入った。
なぜかというと、藤沢周平『漆の実のみのる国』が半ばで終わってしまっていたので、
その続きとして読めるかなと思って。

鷹山に関しては、もっと知りたいので、
あのJFKが読んでいたという
(現在の欧米人も読んでいるのかな?気になる)
日英対訳の内村鑑三”Representative Men of Japan(代表的日本人)”と格闘中。

その後で、”上”かな??


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です