山本一力『深川駕籠』祥伝社文庫

2008年9月26日 | からnakmas | ファイル: .

また一力さんか。。。
こりゃ完全にはまってるね。

ちょっと荒っぽいけど、
これもいい話だった。

最後は、「走れ、メロス」調で終わってて。

これにも、損料屋の喜八郎が出てくる。
名前だけだったら、江戸屋の秀弥も。

一力さんにとっての深川は、
作家 倉本聰さんにとっての富良野のようだね。
1つの土地を愛して、そこから発想をふくらまして、
創り出せるってうらやましい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です