Jリーグの経営状況 ~売り上げ-経費=儲け~

2008年9月17日 | からnakmas | ファイル: news.

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/sports/n_jleague2__20080916_2/story/16mainichiF0917m059/

立ち上げ当初、サッカーはビジネスになるのか?
地域に根ざして、なんてやったら、赤字を増すだけじゃないのか?
なんて見方が結構あったように思う。

こういう記事が出ると、うれしくなる。

(自分にとっては)なぜだかすごい人気の浦和。
成績が低迷しているのに2位の横浜。
たぶん知らない人はどこ?って感じだろう、
茨城の1つの町をサッカーで元気にした鹿島。

ちょっと話の流れが飛ぶかもしれないが、
国や地方の役人がやっている事業も、
ちゃんと売り上げを伸ばしていって、
そこから先行投資分や経費を引いても、
10年・20年とかの期間でみたら儲けが出て、黒字になりました、
という考えでやっていったら、
毎年の税収に頼らないで、役所も自存自立できて、
逆に税金は安くなっていくという流れになっていくんじゃないのかね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です