ソルジェーニツィンが亡くなった

2008年8月4日 | からnakmas | ファイル: 訃報.

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080804AT2M0400B04082008.html

無知なことに、彼が今まで存命の人と知らなかった。

彼について知っていることといえば、

古本屋で見つけた、タイトルも忘れてしまった、

とても薄い、相当茶色くなった岩波文庫の1冊だけ。

でも、あの本の衝撃は、しっかりと残っている。

社会主義やら、強制収用所なんていう状況の中でも、

人間てしっかり考えを持って生きれるんだと。

むしろ、どんな状況でも、人の心の在り様は、

いろんな外からの影響は受けながらも、

最終的には、本人が決めるものなんだということ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です