白石一郎 『投げ銛千吉廻船帖』 文春文庫

2008年6月13日 | からnakmas | ファイル: .

けっこう前から気になっていた作家の1人。

きっかけは、本屋で「司馬遼太郎」の隣に並べられているから。安直。

とても気楽に、自然に書いている感じで、

まったく片意地張らずに読める時代物語。

本当にすら~と読めるので、

司馬さんより、山本一力さんより前に、白石さんの方が、

入りやすいかなと勝手に考えながら読んでた。

TVの時代劇では、勧善懲悪過ぎて物足りないけど、

こういう時代物は本当に痛快で、楽しめます。

おすすめ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です