宮尾登美子『天障院篤姫』

2008年4月28日 | からnakmas | ファイル: 本 book.
どうも気分的に幕末・維新らしいです。

やっと読み終わった。宮尾さんと、ファンの方には申し訳ありませんが、
文章的にぜんぜん進まなかった。なぜだ???
内容はおもしろかったんだが。

『竜馬が行く』を7巻から再開した。
司馬さんのすごいところを改めて見つけた。
ある人物の名前をそのままタイトルにするような本って、
その人のことを書いて、それで完結、ということが多い。
当たり前といえば当たり前。

でも、竜馬が行くもそうだけど、
それにまつわる、絡んでくる人の背景やらを盛り込んで、盛り込んで、
でも主な人物を追っていく。それでも前に進む。
しかも意外とさらっとしていて、読みやすい。

聞いた話では、司馬さんの目を通す資料の数って、
相当なものだったらしいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です