自分の正しさか、結婚生活か?

2008-01-28 | からnakmas | ファイル: 人 life.
例えば、洗濯物のたたみ方が気に入らない。。。

例えば、野菜の切り方をそうやってほしくない。。。

こんな日常の中で、
「自分の方が正しい!こうすべきなのに!」
と考えてしまう。

ここで置かれている選択肢としては、
①「自分が正しいんだから、相手が直すべき」と怒り続けるか。
②相手ではなく、自分で改善できるところを探るか。

どちらを選ぶかは、自由だ~!!

でも、結果は選べない。
①を選べば、ひょっとしたら相手が誤りに気づいて、
自分の正しさを認めてくれるかもしれないが。。。
経験上、多くの場合そうはいかない。雰囲気は悪くなる一方。
時として、それが小さな原因となり、積もり積もって我慢できないところまで行くこともある。

②は、目の前にある事実とは違うかもしれない。
でも、お互いの、または家庭の雰囲気はよくなるかもしれない。
気分は軽くなり、成長し、結婚生活・夫婦関係はよりよいものになる。

夫婦や家族、その他の人間同士で、
多くの場合の選択肢は、
“自分の正しさを取るか?人間関係を取るか?”
なんだろう。

参考:
http://www.ldschurch.jp/Members_Liahona.php
→2008年1月号をクリック→PDFファイルのp37


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です