“4⇒5”の変化

2015-11-12 | からnakmas | ファイル: 人 life.
独身の時は“1”だった。
結婚してから、2人で1食分なら“2”で充分だった。

子供が生まれてからは、手間を省くために、
1日分をまとめて炊くようになって、この10年ほどは“3~4”

そして先週あたりから、それは“5”になった。
上の子が10歳になり、下の子も4歳になり、
正直、子供たちだけをみれば、
もうちょっとたくさん食べてほしいと思うくらい、小食だけど、
だれかが弁当で持って行ったりすると、
1日持たせようとすると、5合のご飯を炊かないと、
足りなくなっている。

そして今使っている我が家の炊飯器は5.5合炊き。
近い将来、家電まで間に合わなくなるのは間違いない。

地味な、日常のことで、ここまで読ませて大変恐縮ですが、
子供が成長しているのを、こんなところでも実感する。

For Japanese people, rice is “main grain”.
It stays deeply in our usual life.
I’ve recognized  our kid’s growth and a change in our family’s life,
deriving from the quantity of rice cooked in a day.

   


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です