地位協定の改定を勝ち取った話

2015年6月25日 | からnakmas | ファイル: 時事 news.
地位協定について、

おとといの「報道ステーション」で特集していた。
さすが山口豊さん、よーく取材をされていた。
とくにドイツ・アメリカ地位協定の改定について。
1993年にドイツが「勝ち取った」ものだ。
その交渉に当たったトノ アイテル氏がインタビューに答えていた。
「国民が望んだだけではないのです」
どういうことか。
政府高官に、国を守るという確固たる信念があって、
それに従って交渉に臨んだ、という意味だと受け取った。
果たして、親方日の丸、役人になれば食いっぱくれがない、
または、自分はエリートなんだから権力をもって、利権を得て当たり前、
みたいな考えを持っている、終身雇用の役人に、
これだけ太い交渉ができるのか??
あと惜しむらくは、山口さんが述べた結論。
「国民の皆さんが声を上げた結果です」
いやいや、そうではないと、アイテル氏は言っていたじゃないか?
国民が確固として声を上げ続ける、
政治に関与・監視していくことは大事だけど、
政治家・役人がしっかりとした信念をもって、
仕事をすることがもっと大事なんだ。
選挙で選ばれ、税金で養われて、
国と国民のために働くように委任されているんだから。
<参考>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です