NHK受信料裁判の結末

2015年6月22日 | からnakmas | ファイル: 時事 news.
NHKの受信料に関して、今年2015年4月に判決が出ていたことを知った。
内容は、支払を要求していた側NHKの敗訴。

会長のあやしげな行動に比べれば、だいぶ”地味”だったために、
大手報道メディアではちゃんと取り上げてなかったようだが、
今後の日本での生活者にとっては、結構重要な判例になるだろう。
NHK側がテレビを置いている家庭すべてに受信料支払い義務があると、
数十年間行っていた主張が覆され、
正式な契約書が存在しなければ、支払要求ができないという判決が出されたからだ。

こんな判例になった要因が、契約書の私文書偽造とは、
大変お粗末だったのではないかい??

ちなみに法律家の詳しい解説はこちら

<参考>
この問題を考える、個人的な契機になった本

他の関連書籍(AMAZON)
(楽天市場はこちら⇒) 【中古】文庫 NHK受信料拒否の論理 / 本多勝一【05P19Jun15】【画】【中古】afb


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です