2014年4月16日 | からnakmas | ファイル: 未分類.
たまに見てしまうTV番組に「ガイアの夜明け」がある。
昨夜は高齢化社会におけるビジネスの紹介だった。

枯れてたまるか! ~老後の生き方…新常識とは~

気に留まったこと。
●「今まで懸命に生きてきたんだから、老後は楽したい」と考えている、
高齢者や、さらには将来の高齢者はどれくらいいるのか?
単なるカルチャー教室や豪華な食事だけのサービスでは、
飽きられてしまう、社会とのつながり、貢献できているという実感が必要、
スマートコミュニティ稲毛の社長が言っていた。

●高齢者とはいえ、実社会に生きていることは間違いないのだから、
バリアフリーを社会的に推し進めるのは一方で必要として、
他方では、大変なつらい場面は生きていれば必ず存在するんだから、
そういった困難に直面した時に、立ち向かっていける強さを、
訓練の段階では少なくとも経験させる方がよい、
という夢のみずうみ村
の代表の意見に賛成。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です