セクハラは男女お互い様

2013年6月28日 | からnakmas | ファイル: 未分類.

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFE1901Q_Z10C13A6WZ8000/?df=2

男性が一方的に加害者になる時代が過去にあったとしたら、
それは終わったと見た方がいい。
ということは、女性が「セクハラ」を水戸黄門の印籠のように懐から取り出して、
声高に叫べば、被害者の立場がはっきりする時代も終わったということ。

性別に関しても、考え方をはっきりさせるべき時、今はそこに至る過渡期なのかもしれない。

男女ともに、自分が外見や態度・行為を通して周りにどんな影響を与えているのか、
自覚することから始めることだろう。
そのために上のマトリクスが役に立つかもね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です