存在するのに存在しないと云う日本

2013年4月17日 | からnakmas | ファイル: 未分類.
日本は、無国籍という立場をあり得ない、だからそういう状況があっても認めない、という国としての姿勢なんだそうだ。

あるものをない、そんなこと起きるはずがない、という思考はどこから来るんだ?

その膠着した思考から得るものはあるのか?

想定外を認めるには、相当なエネルギーが必要だ。でも認めないと現実の変化に対応できない。現実は常に変わって行くもので、どう頑張ってもとどめることはできない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です