親の許容量

2013年2月19日 | からnakmas | ファイル: 未分類.

お客さんから出た言葉。
「うちの子にかぎって」という考えは、親がその子を完全に受け入れてないが故に出てくる。

子どもは、親の言うことなんてそれほど聞くものではなく、思いがけない、とんでもないことをやってしまうもの。
受け入れつつ、方向を定めていく、親の許容量と方向付けが試される。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です