役所の基準がわからない

2013年2月6日 | からnakmas | ファイル: 未分類.
これはもっと勉強しないといけないのだが、とりあえず言わせてもらう。

地震被害を受けかなりの壊滅的な被害を蒙った村が、
地震から約2年経ち、壊れた道路や家がだいぶ復旧されているとニュースでやっていた。

それから、その村の基幹産業たる農業も。
ただ農業とひと口に云っても、8割方復旧したのは米農家のみ。
ほぼ100%近い国と村からの援助のおかげだという。

他方で畜産農家。
こちらはほとんど援助を受けられないため、被害を受けたまま放置状態。
元の仕事を再開したいと思いながらも、被害による借金が残っているだけ。
畜産関係は、援助を受けられる基準が米なんかと違うようだ。
共同事業にしたり、法人化しないと、公的な援助を受けられないんだと。

だとすれば、復旧のための援助ではないね。
長年の技術や経験があって、個人でやってきた実績と熱意。
今後はどう変わるか変えるかわからないけど、
とりあえず元の形に戻したいのが復旧なのに。

役所の基準がどっちを向いて決めているのかわからない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です