天衣無縫、そのまま降りてきたような。。。

2012-06-24 | からnakmas | ファイル: 音楽 music.
とある音楽家の、辻井くんに対する形容。

ピアノという楽器の、100%純粋な音を取り出すことができたら、こんなかなと思うこともあるけど、
いややっぱり、彼だからこそできる、彼の感性を通して、彼の身体から生まれてきた音なんだろう。

ということで、我が家の収集の中で、3枚目の彼のアルバム。
プロコフィエフって、あんなほとんどつながりのない、いくつもの要素をひとつのまとまりにできる。
『新世界より』を初めて第1楽章から第4楽章まで通して聞いた時も同じような感じを受けたけど、
バラバラのものがまとまってる感じは、今まででいちばん強烈だった。

ついでにあと2枚は。。。


2 comments on “天衣無縫、そのまま降りてきたような。。。

  1. M. L. Liu より:

    アメリカから: 私は辻井伸行くんのファンです。 I found this interesting blog post on the Internet.

    Speaking of Mr. Nobuyuki Tsujii and the Prokofiev Concerto No. 3: I had the pleasure of being at Mr.Tsujii's London debut on May 24, when he performed the concerto with Maestro Vladimir Ashkenazy and the Philharmonia.

    It was a thrilling performance to hear the beautiful sound made by Mr. Tsujii in perfect harmony with the orchestra, playing such a complex and dissonant work to perfection.

    If you are interested, please, you may find this article interesting http://bit.ly/MIEcki

    I hope Mr. Tsujii will perform the Prokofiev concerto in Japan soon.

  2. Mas より:

    Thank you so much for your comment and introducing of the nice site, M.L.Lui!

    I hope him play the Prokofiev concerto in Japan.
    I want to go and listen to his performance in live!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です