書籍の電子化は是か非か

2011年12月21日 | からnakmas | ファイル: 本 book.
という議論。
一つ言いたいことは、単行本のハードカバーが多いことと、モルモン書もそうだけど紙質が良すぎること、あれは無駄!
活字中毒なる症状があるけど、本を読むことと蔵書することが目的になっているのも何か違う。
書籍電子化のメリットでいいと思ったのは、
1.紙代とデータ化費用なら、データが割安だろう。印税は割合で決められるだろうけど、それで激減はしないんじゃない?
2.OCRをかけることで70%くらいの完成度にせよ、全文検索ができて、相互参照しやす。
3.何冊持ち歩いても、ほぼ重さが変わらない。問題は、データゆえの交換のしやすさで不正が起こりやすいことかな。
紙の感触や装丁のよさは好きなんだけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です