いやぁ映画って本当に素晴らしいモノですね。

2011年1月5日 | からnakmas | ファイル: 映画.


1月最初、そして2011年最初の記事となりました。

この年末年始6日間は、基本的に、家族で過ごす時間にどっぷりで、
普段から好き勝手な内容になっているこのブログの更新すら、
何を書くかまったく思いつかない有様。。。

えーっと、大晦日にやったことで取り立てるとすれば、長編・短編合わせて3本の映画を見たこと。
この1年くらい生活に追われている感じで、映像と向き合う気持ちになれなかった。

そんな能書きはさておき。
まず1本目は「ドラゴン キングダム(原名: The forbidden Kingdom)」。単純ながらちゃんとストーリーがあって、素晴らしい娯楽。沈黙の僧とカンフーDVD店主正体が明らかになったところは、なるほど!と膝を叩いてしまった。

2本目は、「美女と野獣」
今まで見たことなくて、どんな物語か知らなかった。
自分の過ちから立ち直れた人間の話。(あっ、この内容は3本全部に同じ)
いいと思います。

3本目は超短編。インターネットから拾ってきたMickey's Christmas Carol (ディズニー版クリスマス キャロル)。
映画館で実写版を見て、怖くて泣き出し映画館を後にした我が子でも最後まで見れました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です