事件でなく人を描く

2010年4月7日 | からnakmas | ファイル: .

司馬遼さんを読む旅はまだ続く。
嫁さんから「司馬遼太郎って何冊書いてるの??」と最近言われた。
たくさんです!

今日読み終わったのは⇒
 『真説宮本武蔵』

剣客・兵法家の短編集。
「越後の刀」はちょっとサスペンスぽくて、おもしろかった。

3月に読んでいたのが、以下2冊。
 『国盗り物語(一)』

 『国盗り物語(二)』

まだ斉藤道三が美濃を自分のものにするところまで。

興味深い指摘。
道三の弟子になり得たのは2人だけ。それは信長と光秀。
この2人が本能寺を舞台に1つの時代の幕を引いた。

いずれにしても、
司馬さんはいわゆる歴史小説を書きながら、
膨大は知識を盛り込みつつ、
それでも伝えたかったのは、出来事の内容と流れではなく、
人とその思いや動き。
だから自分の場合飽きずに読める。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です