“衰世感” -陳舜臣『阿片戦争』(上)講談社文庫

2008年8月11日 | からnakmas | ファイル: .
p.383
 かりに『衰世感』と名づけよう。
 当時の中国の知識人で、多かれすくなかれ、この衰世感をもたぬ者はいなかったであろう。                        
 いたるところでにおう阿片のにおい、亡者のようにふらふらとあるく阿片中毒患者。農村からはじき出されて、街にあふれた貧民、そして乞食の群れ。-こんな情景に接して、世の衰えを感じない者がいるだろうか。

衰世感は社会的な雰囲気や事実としてものもあるだろうが、
これを感じて、沈んでしまって何もしないか、そうならないかは、
やはり個人の気持ちのことで、選ぶことができる。
それでも何かできるだろう、せっかくこの時代に生まれてきたんだから。
といつも思っていたい。

むしろ、こういう世の中だからこそ、
這い上がれる好機が転がっているかもしれない。   

でも、この『阿片戦争』は、1冊500頁がまだ2冊続く。
んんん、衰世感。。。。。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です