宮城谷 昌光 『晏子』第1巻 新潮文庫

2008年7月16日 | からnakmas | ファイル: .

宮城谷さん、はずれがない。
すべらんな~。

p390-1「事にあたって、知力というものが勇気をともない、さらに人がなるほどと感ずる情義にそって発揮されなければならないという点で、晏弱にまさる人を見たことがないということである。」
⇒知識や学歴をひけらかすのではなく、信念や決断力が必要ってことかな?

弱とは、日本人からすると、変な名前で。
「弱っちい子になってほしいのか?」と。
ところが、弱には「飾り物の弓」という意味もあるそうで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です